チャーチ・オブ・ゴッドの歴史のページです
下の写真はシェルホン師が日本宣教のビジョンが与えられた横浜港の今の姿です
こちらは加盟教会員の閲覧できる頁です→
※当サイトに掲載されている全ての文書の無断使用・複製を固くお断りさせて頂いています。ご了承ください。

COGの歴史

レイモンド・シェルホン先生
COGの沿革 COG資料館
シェルホン先生の写真集
思い出の写真集
ドロシー先生の写真集
画像を送ってください
(→hp@cogjapan.net)
 

(1)チャーチ・オブ・ゴッドの前史

チャーチ・オブ・ゴッドの創立者レイモンド・シェルホン師は米国進駐軍の兵士として在日中にイエス・キリストを信じてクリスチャンとなり、宣教師となるべく召命をうけている。除隊後、郷里オハイオ州シンシナチにあるインター・デノミネーション・ホーリネスとして設立された、ゴッド・バイブル・スクールに入学した。学業の途中、東洋宣教会のヘイゼル女史の火を吐くようなメッセージにふれて聖書学校の学びを中断して今すぐ日本に渡るべことを示され再び米国陸軍に入隊した。こうして1950年2月4日、シェルホンは再び日本の地に立つことになった。

 ところが1950年5月、朝鮮戦争が勃発し、レイモンドも約1年間、朝鮮戦争に従軍したが、1951年7月、朝鮮での任務を終えて日本に戻り兵士の身分のまま宣教活動に入った。その一つが 川崎市 堀之内にある 川崎市 民米語学校の一室で開いたバイブル・クラスであった。これを発端として1951年8月26日の聖日に小さな礼拝を持つにいたった。これが川崎キリスト教会の、そして後に起こされるチャーチ・オブ・ゴッドの最初の礼拝である。

(2)川崎市民米語学校から砂子町の集会道を経て中幸町の新会堂へ

1952年11月16日、 川崎市 民米語学校から砂子町の新集会堂に移り、最初の礼拝と献堂式が行われた。それは新しい時代の幕開けとなった。年が明けて1953年2月6日、シェルホン師は米国陸軍から現地除隊の許可を受け軍籍を離れた。そして全時間を主に捧げて奉仕できるようになった。1954年新会堂建設を祈り始めた。未伝地の駅西口に土地求め現在の 川崎市幸区中幸町4丁目21番地 に約80坪の土地を購入することができた。1955年6月26日、定礎式を終えて会堂建設に取り1955年9月11日喜びのうちに献堂式をおこなった。

(3)米国COGベイデン教会との提携

1958年は、COGの群れにとって転機となった年である。群れの発展のためには日本人の働き人を、と祈っていた祈りが応えられて最初の献身者3名が起こされた。この年の5月12日、シェルホン師は野田美智子姉と結婚して7月12日ご夫妻はアメリカに渡った。それは今後の働きの更なる展開を期待してのことであった。米国滞在中 シェルホン師夫妻は米国COGが主催するイリノイ州クインシーのバイブル・キャンプに出席した。そこでベイデン教会の牧師であるH・グッドリック師を始め同教会の役員をされていたウイリアム・フィンキー兄に出会った。そしてグッドリック師の招きを受けてベイデン教会を訪れることになった。ベイデン教会は役員会を開いてシェルホン師の働きについて協議を重ね、シェルホン師夫妻をベイデン教会員として受け入れ、改めて日本の宣教師として派遣することを衆議一決したのである。

(4)修養会

COGの歴史を語るに欠いてはならないものに毎年持たれている修養会を挙げなければならない。現在は東北、関東、中部、メキシコの四箇所で開催されているが、初期は当然一箇所であった。関東教区が主催する修養会は今年で、30回目を迎えるがこれは教区に分かれて行うようになってからの回数で通算すると49回目になる。第 1回目の修養会は1958年であった。講師は舟喜拓生師、会場は東久留米にあるクリスチャン・アカデミーあった。第2回目は1960年に葉山にあるYWCAレーシー記念館で行なわれた。この時の講師は柴又ホーリネス教会牧師本郷善次郎師である。COGのその後の修養会における霊的方向づけは、この時から始まったといえる。本郷善次郎師にはその後も続いて第3回目、第4回目とご指導をいただいた。第5回目からはCOGの教役者が担当するようになった。10回目(1968年)から会場を奥多摩の古里「福音の家」に移して行なわれた。当時は教区制がなかったため、山形県から、 石川県津幡町 から、三重県 錦町 から兄弟姉妹がこの日を楽しみにして集まり、別れるときは「来年も古里で会いましょう。」を合言葉にしていた。1978年の第20回から東北修養会が行なうようになり、1990年からは中部修養会が独自に行なうようになった。メキシコ・グアダラハラ教会でも1998年から修養会を持っている。

(※COGの歴史より)

COGの歴史(続編)

後続神学生の輩出と開拓伝道による地方教会の設立

最初の3人の神学生に続き、後続の献身者が次々に起こされて神学校に送ることが出来たことは、今日のCOGを作り上げた大きな要因となっている。神学校を卒業した彼らは開拓伝道に着手したのである。大江町教会、川崎南部教会、酒田教会、津幡教会、横浜港南教会、東戸塚教会、御幸教会、錦教会、松阪教会、グアダラハラ教会、鶴岡教会、春日井栄光教会、仙台教会、シアトル・ホサナ教会の順で教会が建て上げられて今日にいたっている。それぞれの教会の設立にはそれぞれのエキサイテングな物語がある。それは人間の側の物語であると同時に神の物語である。

 

創群50周年を記念して

2001年9月24日、チャーチ・オブ・ゴッドは創立50周年を記念して「COG創立50周年記念会」を開催した。内外の友好諸団体から多くの来賓とアメリカ・ベイデン教会からドナルド・シャープ牧師、デビー夫人、パウロ・フィンキー兄が出席された。記念会は三部構成で「創立記念式典」、「愛餐会」、「記念聖会」であった。記念式典では過去50年の歴史が検証され、総理レイモンド・シェルホン師ご夫妻とドロシー・ラバトウ宣教師に対する顕彰が行われた。また青年たちによる「21世紀への提言」が読み上げられた。最後に実行委員長の伊藤昭吉師によって「立て、渡れ、行け」と題してヨシュア記1章からメッセージが語られ一同献身を新たにした。「愛餐会」は終始和やかな雰囲気の中で楽しいひと時であった。夜の「記念聖会」は説教者はインマヌエル船橋教会牧師、竿代忠一師であった。また創立50周年を記念して記念誌「前のものに向かって」が発行された。109ページの小冊子ではあるが、「歴史篇」「各教会篇」「資料篇」の三部からなっており、グラビア、写真が多く、一目で過去半世紀にわたるチャーチ・オブ・ゴッドの歴史を分かるように編集されている。

教団指導者の交替とシェルホン師の召天

 

2002年3月に持たれた第8回定例総会において、チャーチ・オブ・ゴッド代表役員の改選が行われた。その結果伊藤昭吉師が第二代目代表役員(理事長も兼任)として選出された。かねてからシェルホン師から高齢と健康上の理由から代表役員及び総理職の辞任を申し出られていたからである。シェルホン師は体力にまだ余力を残している間に次の指導者に総理職を譲りその推移を見守っていたいという考えを持っていたようである。 2004年1月24日7時57分、レイモンド・シェルホン師は闘病の末、愛してやまなかった主イエス様と共なるために天に召された。76歳であった。葬儀は前夜式、告別式とも伊藤昭吉理事長の司式のもとに執り行われ、厳しい寒さの中にもかかわらず、教団の内外から多くの会葬者が集い、それぞれの思いの中に生きているシェルホン師との出会いを胸に別れを惜しんだ。 2005年3月の第11回定例年次総会で代表役員の改選が行われ、古波津保秀師が第三代目の代表役員(理事長)として選出されて今日に至っている。 ベイデン教会ではシェルホン師の召天を機に2004年7月21日にセミ年次総会を開催して美智子・シェルホン師を改めて宣教師と認定して日本に派遣する事と、祈りと経済のサポートを継続して行うことを決議している。以下に美智子師に贈られた動議文の盾から全文を記して「チャーチ・オブ・ゴッドの歴史」を閉じることにします。

Motion of Support for Japan Mission

We the Church of God At Baden reaffirm our commitment to the mission work in Japan. This work begun by Brother Shelhorn continues to spread the Gospel and bring people to Christ. In recognition of this important work and by a vote of the Church body at our Semi-annual meeting, July 21 2004, agree to continue this important work with our prayers and our financial support.   We furthermore designate Michiko Shelhorn as our missionary in the field. Church of God at Baden Pastor  Donald・ C・ Sharp

終わりに

思えば1946年、一人の少年兵士が艦上で抱いた日本人に対する素朴な思いが、神のみこころの中で練られて、やがてチャーチ・オブ・ゴッドという群れとなった。シェルホン師が口癖のように言った言葉は「自分には最初から今日このようなチャーチ・オブ・ゴッドの群れを創ろうという考えはなかった。ただその時その時の主のみこころに一歩一歩従っただけだった。」そして「これはこれからも変わらない」ということであった。まさにシェルホン師の一生はそのお言葉の通り主のみこころを大切にして忠実に従って来られた生涯であった。彼はアメリカに住むよりも長く日本に住み、そして愛してやまない日本の地に葬られている。


・・・・・シェルホン師が座右の銘としていた言葉・・・・・・・

Only one life will soon be passed Only what’s done for Christ Will last

人生はすぐに過ぎ去る、 キリストのためになされた事だけが 永遠に残る。